おすすめ商品

私が目利きした
こだわり商品です。

【うど】栃木県・群馬県産

春の訪れを感じさせるさわやかな香り

2021.01.25

地下室などで完全遮光させる軟化うどは、真っ白な肌の大きな茎を食べます。

肉質がやわらかくアクが少なめで食べやすくなっています。

山うどは、もみ殻などで覆って遮光し、穂先を日光にあてて半緑化させて栽培されます。
香りや苦味、シャキシャキ感が強くなります。

どちらも使い方は基本的に同じです。
皮は固いので厚めに剥いて歯ごたえが楽しめるきんぴらなどに、
残りの茎は下の方がアク少なめ、上の方はアク強めとなっているので、
下半分を生で和え物やサラダに、上の方の茎と穂先は天ぷらや炒め物、汁物などの加熱調理に向いています。

■軟化うど

■山うど(栃木県)

■山うど(群馬県)

栃木県・群馬県

産地
軟化うど:栃木県
山うど:栃木県・群馬県
期間
軟化うど:周年
山うど:12月上旬~4月中旬
規格
軟化うど:DB4kg 3L4本、2L5本、L6本、S8本、2S10本
山うど:DB2kg 3L6本、2L8本、L10本、M14本、S20本以内、A品8~16本
作付
前年並
作柄
順調

商品のお問い合わせ

野菜第3部第1課 課長
岩崎 敦

メールでのお問い合わせ