豊洲市場 NEWS

小池知事が見守る中始まった初セリ

6時半から始まった初セリ
初セリの様子を視察する小池知事
わさびなど促成品の初セリ

セリとともに、豊洲市場が本格稼働。

2018年10月11日、豊洲市場の青果市場で初セリが行われ、卸売市場が本格スタートを切りました。

セリ開始の鈴の音、ベルとともに、6時半から主要商品の移動セリ、固定セリが始まり、真新しいセリ台で、セリ人の活気溢れる声と、仲卸、売買参加者の声が場内に響き渡りました。
場内が広く、天井も高いため、セリ人は大きな声と身振りでセリを行っていました。

小池知事もセリの様子を視察、多くの報道陣に囲まれ、笑顔で応えていました。
松茸が一箱30万円、この日の最高値でセリ落とされました。

豊洲市場開場当日とあって、テレビ各局や各新聞社など大勢のマスコミが活気あふれるセリを撮影、その様子がニュースなどで大々的に紹介されました。