JA北さつま産 ハウス金柑のトップセールス

JA北さつま産 ハウス金柑のトップセールス

2017.2.3

2017年2月3日(金)の早朝から、卸売場にて鹿児島県からさつま町とJA北さつまの皆様がハウス金柑の
試食宣伝においでくださいました。

  • 【ハウス金柑】
     
  • 産地
    鹿児島県JA北さつま
  • 担当
    果実1部2課梶原

小粒の柑橘、金柑の果皮には苦みが少なく甘味があるため丸ごと食べられます。
のど飴などの名前で知っていると言う人も多いことでしょう。
ビタミンC、カリウムなどが豊富に含まれています。

甘露煮に使うばかりだった一昔前の未熟な金柑のイメージが強いのか、「甘みがある」とびっくりの方も。
食べなれていないようで丸かじりに躊躇される方もいましたが、食べれば「甘い」「おいしい」とすっかり虜になってしまったようでした。

~さつま町長、JA北さつま組合長のお二人からご挨拶いただきました~

鹿児島さつま町 日高 町長

「みなさま、おはようございます。
セリ前の大変貴重な時間を頂きましてありがとうございます。
今日はさつま町のPRをしたいということでトップセールスに参りました。
さつま町は、自然豊かなで、いろんな作物が採れるところで、食の宝庫と言われております。


今日もハウス金柑持ってきておりますが、この栽培の特徴は、ハーブの一種でありますステビアを、葉面に散布したり、土壌に散布したりしているので、鮮度を長く保てて、糖度も食べていただいた通り非常に高くなっています。今日は節分の日ですけれども、「開運金柑」と名付けております。

受験生の皆様方、風邪に負けないように、5個食べたら、5果食(ごかくう/ごうかく)と言いまして、「合格金柑」と呼んでいます。たいへん縁起のいい金柑です。
どうか皆さん、この宣伝をしていただいて、たくさん買っていただきますように、よろしくお願い申し上げます。」


JA北さつま 永福 組合長

「おはようございます。
さつまの国鹿児島県、薩摩郡さつま町 (ふり返ったハッピの背には「薩摩のさつま」)、
鹿児島県のど真ん中でできた金柑でございます。
いま日高町長から「合格金柑」の紹介されたように、管内にあります菅原道真を祀る藤川天神で、ちゃんと合格祈念した金柑です。
どうかご賞味いただければありがたいと思います。


金柑、ごぼう、それからいろんな作物、おいしいものがたくさんとれる所です。
今日はぜひ鹿児島のど真ん中、JA北さつまを覚えていっていただきたいと思います。
ハウス金柑をよろしくお願いします。」