<スナップえんどう>

<スナップえんどう>

2018.4.17

彩りに、食感のアクセントに、
おいしい初夏のあしらい

厚みのあるさやと中の豆をまるごと食べるスナップえんどうは
アメリカ生まれの比較的新しい野菜で(※)、
茹でるだけで食べられる手軽さと甘みの強さが人気です。
軽くゆでると緑もあざやかにサクサクとした歯ざわりとなり、マヨネーズや塩を添えれば手軽なおつまみのできあがり。
おやつにもぴったりです。

  • 福島県 JAふくしま未来
  • 期間
    4月上旬~6月下旬(5月上旬ピークの予定)
  • 規格
    1kgDB (5月下旬以降露地物の2kgDBに変わります)
  • 作付
    前年並
  • 作柄
    良好。一週間ほど前進出荷。

※アメリカで生まれ、1979年にAAS(All-America Selections)金賞受賞で有名になり、同年導入した日本でもヒットしました。2000年には830tだった収穫量が10年で4,838tに急増し、2014年の統計でも6,921tで増加傾向にあります(農林水産省 地域特産野菜生産状況調査,2000-2014参照)。

生産者

野菜第3部 第1課
係長 鈴木正徳