豊洲新市場ニュース 第11号

豊洲新市場ニュース 第11号

2018.3.27

自動立体低温倉庫のプレゼンテーションを実施

青果棟の習熟訓練として、3月18日(日)に、5街区に東京シティ青果が設置した自動立体低温倉庫のプレゼンテーションを実施しました。
当日は休日にもかかわらず、約350名の仲卸、買参人の方にご参加頂きました。

自動立体低温倉庫は、10℃帯の温度区分が2レーンと5℃帯の温度区分が1レーンあり、約1,000パレットの荷が収容できます。

プレゼンテーションでは自動立体低温倉庫で実際に青果物を使用して稼働させ、
・1階売場での売場荷の入庫・出庫の稼働
・3レーンある、自動立体低温倉庫の稼動
・3階に荷を運搬する、垂直搬送機の稼働
・3階荷捌場施設での、自動立体低温倉庫の稼働
等の実演を行ました。

閉鎖型の空調管理がほどこされた施設です。

豊洲市場では、自動立体低温倉庫を活用し、今より一層の鮮度を保持した青果物を提供します。


2018.3.27 発行
東京シティ青果(株)新市場対策室