新潟県 くろさき茶豆の試食宣伝

新潟県 くろさき茶豆の試食宣伝

2018.8.2

2018年7月28日(土)、卸売場にて新潟市西区役所とJA越後中央、JA全農にいがたの皆様により、くろさき茶豆の試食宣伝が開催されました。

  • 【くろさき茶豆】
     
  • 産地
    新潟県JA越後中央(新潟市黒埼地区)
  • 期間
    7月下旬~8月中旬
  • 担当
    野菜第2部第1課 中神

枝豆好きなお国柄と言われている新潟県で、代表的なブランド「くろさき茶豆」です。
農水省の地理的表示(GI)保護制度にも登録され、昨年からついた赤いGIマークが誇らしげです。

築地市場内でもファンの多い「くろさき茶豆」。とにかく味自慢の実力派で、今年の出来栄えもみなさん気になるようです。

紙コップにたっぷり盛った試食でも足りないとばかりに勢いよく減っていきます。
茶豆の風味と旨味・甘みがクセになって、食べた後からまた次が食べたくなるのです。


高知県園芸連 吉本 様

JA越後中央 営農部 山賀部長が、場内を行き交うお客様にマイクでPRしてくださいました。
「新潟の黒埼茶豆は、昨年、国の地理的表示GIに登録しまして、今年が2年目となっております。昨年は1年目でしたが、生育が遅れて、なかなかに皆様にご迷惑をおかけしてしまいました。今年は十分な量を用意して皆様にお届けしたいと思っています。」
「独特な香り、甘み、うまみ、これが黒埼茶豆の特長になっております。風味を大切にするために、夜の暗いうちから、午前2時くらいからだいたい黒埼茶豆の収穫をはじめています。朝取りをおこなって、皆様のもとへ新鮮な、枝豆を届ける努力をしています。
またぱんぱん太った枝豆になりますと、若干甘み風味が減ってきますので、一番甘み・うまみの濃いころ、8分目のころに収穫をしております。黒埼の農家は、収量を犠牲にしても、甘み・うまみのいちばんいい枝豆をお届けしています。」
ちょうど試食していたお客様から、「おいしい!」と合いの手が入るにぎやかな試食会となりました。